昨年の11月、ホワイトのinstsax SQUEARE(SQ10)が発売されました。

それに伴いブラックのSQ10のファームウエアもバージョンアップの告知がされています。
それによってホワイトに入っているセパレートカラー(特定の色を残してモノクロにする)撮影ができるようになりました。

 

このフィルター機能もとても楽しいもので、いろいろ遊べそうです。
しかしそれだけではありません。バージョンアップの内容にも書かれていますが、”Micro SDにコピーした画像のデータをプリントする”機能が修正されています。

これはありがたい。今まででもスマホの画像をプリントしたりできましたが、実はパソコンに送られてきたスマホの画像をコピーしてもプリントができたりできなかったりしたのです。

こんな表示が出たりします。

これが改善され、自分で加工したデジカメのデータもプリントできるようになりました。

※下記のリンク先にやり方とデータがあります。
http://instax.jp/square/firmware/

MiroSDにデータをコピーして行います。

バージョンアップするとエラー表示だったものが・・・

ちゃんと表示するようになりました。
こんな風にプリントできます。

注意が必要なのはどんな比率の画像も”ましかく”に切り取られてしまうことです。取り込んでから右左に移動して自分の好きなところをプリントする、ということができません。
最初にスマホやPCでましかく(1:1)にカットしましょう。
これでチェキの楽しさがさらに広がりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です